スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | CM (0) | TB (0) |
1章 「long long ago」 1−1
私の記憶で1番古いのが4歳の時、初めて母親にぶたれた時から始まる。
「どうして片ずけられないの。」と激痛と共に言われた。
こんなことになったのは、数分前のことだった。
私は、木製の積み木で遊んでいた。
面白くなくなったので、私は積み木が入ってある箱に積み木を入れ、その部屋を出た。
数分後、母親のどなり声が響いた。
直後、母親が部屋を出て私の名前を呼んだ。
「沙羅。沙羅どこに行ったの。早く出てきなさい。」怒りが頂点になり、もう我を忘れている。
はっきりと言えばCrazy状態だ。
私は怯えながら、近くにあったベットの下に隠れた。
それと、同時に母親が部屋のドアを開けた。
「沙羅。あんたがここにいるのは知っているんだよ。」と言い、椅子の下などを探し回っていた。
「あっそうそう・・・。沙羅が隠れる場所は一つだったねぇ。」とベットの裾を上げながら言った。
そして、バッと開けて顔をベットの下につけた。
「見つけた。」と私の首元を持ちながら言った。
そして、積み木で遊んでいた部屋に放り込まれた。
「さっさと、積み木を棚の上まで上げなさい。さもないと叩くよ。」と脅すように言われた。
でも、積み木を上げる棚はタンスの一番上。
とうてい、4歳の子供が届くわけがない距離と高さだった。
それでも、母親は近くにあった椅子を持ち、私の前に置いた。
「これでやりなさい。それから、早くしてね。もうすぐしたらお客さんが来るから。」と言うと静かに部屋を出て行った。
私はこけそうになりながら1時間半かかって、棚に上げた。
その途中、ドアのベルがなった。姿は見えなかったが40代ぐらいの男の人の声がした。
そして、ゆっくりと下り、別の部屋に移動した。

どうでしたか?
途中なのでよくわかりませんが、次回をお楽しみに!
でわ、Comment返し!
続きを読む >>
詩・小説 | CM (1) | TB (0) |
belive 〜小さな希望〜
まず最初にキャラクター説明!
沙羅・・・主人公だが目立たない。(ここの沙羅ではありません・・・。。)
     メチャクチャ美人でもなくメチャクチャ賢いわけではない。 
     人ごみに紛れてもわからない。
     ドラムが好き。
     Best Mindのドラム担当。

 善・・・天才ギターリストと言われる男。
     沙羅には冷たい。
     主人公以上に目立つ。
     スポーツ、勉強すべてパーフェクト。
     Best Mindのギター担当。

えみ・・・おとなしいキャラ。
     スポーツは出来ないが成績は上位。
     沙羅とは小学校の時に出会った。
     Best Mindのボーカル担当。

 蓮・・・よくしゃべるムードメーカー。
     沙羅には優しい。
     スポーツ万能だが成績は悪い。
     Best Mindのベース担当。

序章
皆さん、「belive」と聞いて何を思い浮かべますか?
歌を思い出す人や意味を思い出す人・・・さまざまだと思います。
このお話しは、人を信じることが出来なくなってしまった女の子のお話しです。
でわ、本題に移りたい所ですが時間になってしまったので、また次回にします。
お楽しみに!
詩・小説 | CM (0) | TB (0) |
春休み!なのに・・・
春休みなのに、宿題が多くて、困っている沙羅です・・・。。
あぁ〜〜〜もうすぐ、勉強しなきゃ・・・。。

今日は、気分転換に詩を書きま〜す!
「恋の瞬間」
やるべきことはやりたい
でも、あなたを見てるとなにもやれない
笑顔で笑うきみを見ていると
何故かやりたいことを忘れるの
あなたがとても好きだから・・・

かなり下手くそやけどできました・・・。。
次はもっと良い物にしたいなぁ!

じゃあ、この辺でコメント返し↑↑


続きを読む >>
詩・小説 | CM (3) | TB (0) |
| 1/1 PAGES |